最新法律动向

ビジネス环境の最适化に向けた北京市の取り组み

【概要】

北京市は今後3年间で世界的にも一流レベルのビジネス环境を创设することを目指している。11月19日、北京市政府等の机関は合同で『北京市のビジネス环境のさらなる最适化のための行动计画(2018年-2020年)』を発表し、そのロードマップやスケジュールが示された。

参考画像1+2

 

北京市発展改革委员会は、企业の「ユーザー体験」のレベルアップを図る目的から、北京市场监督管理局、北京市税务局、北京税関等の复数机関とともに、『北京市のビジネス环境のさらなる最适化のための行动计画(2018年-2020年)』を制定し、22项目设けられた主要任务を298项目の任务リストに细分化したうえ、それらの実施スケジュールを定めました。

1.审査认可の事务効率を引き上げ、商业制度の改革をより进め、行政事务の「手続き一元化サイト」の导入普及を図り、サービス基准を规范化する。2020年末までに、企业设立を2日で、不动産登记を1~4日で手続きできるよう所要时间の短缩に努める。复数の経営场所をもつ企业の経営许可证の一本化を図り、企业登记抹消の全过程电子化を试験运用のうえで実施する。

2.市场参入をより缓和するため、外国投资家による対中投资に対し、「参入前内国民待遇+ネガティブリスト」の管理制度を全面的に実施し、サービス业のネガティブリストのさらなる缩小を図る。贸易の利便性を向上させ、通関手続きを简素化する。

3.纳税手続きの利便性を向上させ、税や纳付手数料の减额政策の全面的な実施、税务サービスシステムの统合を行い、企业の税务手続きの平均所要时间を94时间まで短缩する。

4.信用の合同赏罚に関する「3つのリスト」制度を整备し、2020年末までに「个人信用ポイント」制度を构筑して北京市常住者全员にこれを适用することを目指す。信用ブラックリストの制度を整备し、定期的に企业や个人の信用失坠记録を公开するようにし、市场监督管理を强化する。

作成日:2018年12月04日