最新法律动向

社会保険に続き、住宅积立金分野にも「ブラックリスト」政策を导入

今年10月12日、人力资源社会保障部により『社会保険分野信用失坠合同惩戒対象者リスト管理暂定施行弁法(意见聴取稿)』が公布され、これにすぐ続く形で、住宅?都市农村建设部より10月15日に『住宅?都市农村建设分野信用失坠合同惩戒対象者リスト管理暂定施行弁法(ウェブ版意见聴取稿)』が公布されました。これは、社会保険及び住宅积立金の「ブラックリスト」に、明确な法的根拠をもたらす动きとなります。社会保険、住宅积立金のブラックリスト制度における重要ポイントは以下の点となります。

1.企业の社会保険金、住宅积立金の受け取りにおいて所定の信用失坠行为があった场合、所管机関により「ブラックリスト」に入れられる。

2.「ブラックリスト」に入れられた企业については「リストに入れた机関が、その责任において、监督管理を行う」という方针を実行する。

3.企业の信用失坠行为は、全国信用情报共有プラットフォームに共有され、社会に公示される可能性もある。

4.信用失坠行为に対し、関系机関が合同惩戒を行い、政府调达、入札募集?入札、生産许可、资格审査、融资贷付、市场参入、租税优遇、优秀?先进评価等の面で相応の制限を设ける。

5.社会保険或いは住宅积立金に関わる信用失坠行为をしたために「ブラックリスト」に入れられた企业は、期限までの一定期间において监督管理を受ける。当然、企业が自発的に义务を履行するか、悪影响を消除する等により、期限より早くリストから除外されることも可能である。

近年、社会保険料や纳税の徴収管理范囲、「ブラックリスト」制度に関する措置の公布に伴って、社会保険及び住宅积立金に対する中国政府の监督管理政策は厳しさを増し、企业の违法コストも相応に増加しています。上记の「ブラックリスト」规定は、现时点ではまだ正式な公布を待つ段阶にあり、各企业では関系所管政府机関の动きに注目することをお勧めします。同时に、実务において、企业が社会保険、住宅积立金等に関してコンプライアンスの确立を强化することも必要となっています。

作成日:2018年12月05日