法律相谈Q&A

社会保険料の纳付を従业员が自ら放弃したことの効力とリスク

Q: 日系企业の当社では、现在1名の従业员が自ら社会保険料を纳付したくないといい、自由意思で社会保険料の纳付を放弃する旨の承诺书にも署名しています。当社がこの従业员の社会保険料を纳付しないことに、问题はないのでしょうか。

A: 中国では、社会保険料の纳付は、企业が従业员に対して负う义务であるだけでなく、企业が政府や社会に対して负う义务ともされています。『社会保険法』の関连规定により、従业员のための社会保険料の纳付は、企业が强制的に负う义务であるとされています。社会保険料は、企业负担分と、个人负担分の2つの部分から构成されています。これらの2つの部分は、まとめて企业により社会保険料の徴収机関に纳付されます。従业员の个人负担分は、企业が従业员赁金から源泉徴収することが认められています。

このため、従业员本人が书面により放弃し纳付しないとした场合であっても、企业が従业员の社会保険料を纳付するという法定の义务が、完全に免除されることはありません。企业が法定基准の通りに従业员の社会保険料を适时に纳付しないと、以下のリスクが生じる可能性があります。

1.従业员より所管人力资源社会保障局、労働监察机関に苦情を申し立てられたり、通报され、労働仲裁を申し立てられる可能性もある。従业员の意志が変わり、会社は规定の通りに社会保険料を纳付していないとして労働契约の解除と経済补偿金の支払いを要求される。

2.企业は法により従业员の社会保険料を追纳しなければならないほか、所管政府机関により、制裁金、延滞金を科す等の処分を受ける。

3.出産予定のある女子従业员について社会保険料を纳付していないと、出産休暇期间中に人力资源社会保障局から出産手当を受给することができなくなるため、会社は女子従业员の出産前の基准で赁金等を支给しなければならなくなる。

4.労灾を受けた従业员について社会保険料を纳付していないと、人力资源社会保障局から労灾保険金を受给することができなくなるため、相応の待遇を企业に负担するよう要求を受ける。

5.信用失坠の「ブラックリスト」に入れられ、人力资源社会保障部、商务部、税务総局、税関等の复数の机関から合同惩戒を受け、企业の信用に影响が及ぶ。合同惩戒では、次のようなリスクがある。①企业のみならず、その法定代表者、実际支配者、董事、监事、高级管理职、関连する责任者等も、相応の惩戒を受ける。②所管政府机関が企业への日常の监督管理を强化し、无作为抽出调査を受ける确率と频度が高められる。③ニュースサイトを通じて社会に公开される。

现在、中国政府は复数のルートから社会保険の徴収管理に対する监督管理を强化しており、社会保険分野においての企业の违法コストは増加し続け、企业の信用にも一定の影响が及ぶようになっています。また、社会保険料の税务机関による统一徴収化が进んでいることと、ビッグデータ时代の到来と発展に伴い、政府の监督管理の中で企业の情报がいっそう透明化され、社会保険料の未纳、过少纳付、纳付漏れが取り缔まりに遭う可能性も高まっています。このため、社会保険料を正しく纳付し、法の定める通りに従业员の社会保険料の纳付を行うことが企业に勧められます。

作成日:2018年12月20日