最新法律动向

「ゾンビ企业」の整理、2020年末を完了目処に

【概要】
技术の遅れた、长期欠损を抱える企业をなくして资源の有効利用と市场の活性化を図り、前途ある企业の発展を促す目的から、各级の责任主体に対し、2020年末までに「ゾンビ企业」や生産能力淘汰企业の债务処分の完了を求める文书が复数机関合同で公布された。

1545883577(1)

 今年11月23日、国家発展改革委员会、工业情报化部等の11机関は合同で『「ゾンビ企业」及び生産能力淘汰企业の债务処理业务をよりよく実施するための通知』(以下『通知』という)を公布し、各责任主体が「ゾンビ企业」や生産能力淘汰企业の债务処分を行うよう要求し、通知後3ヶ月以内に初阵リストを确定のうえ、2020年末までに全ての処分を完了するとしました。

①「ゾンビ企业」とは、すでに生産を停止したか半停止し、连続欠损、债务超过となっており、主に政府补助や银行からの継続的な借入れにより経営を维持している企业を指します。

 「生産能力淘汰企业」とは、生産能力が过剰となり、需要を上回る制品供给を行い、资源の消耗や汚染物质の排出水准が高く、収益率の低下している、モデル転换、アップグレードの待たれる企业を指し、鉄钢、セメント、电解アルミ等の産业の企业がその例です。

②「ゾンビ企业」及び生産能力淘汰企业では、大量の土地、资金、原材料、労働力等の社会的资源が、长期にわたって无駄に占用されています。また、他の健全な企业の市场机会を夺い、効率を向上させるための原动力を失っています。さらに、従业员赁金、社会保険料の未纳や遅配が深刻で、従业员の権益が损なわれています。

 このような企业は、市场竞争を通じて破産に追い込まれるべきところですが、「ゾンビ企业」を操业停止すると、企业の银行债务、资産処分、従业员処遇といった问题の责任が政府に降りかかることになり、政府ではこうした圧力を受け止めることが困难となっています。

③国务院により今回公布された関连文书は、技术的に遅れ、长期欠损している企业を基本的になくすことで、资源の有効利用や市场の活性化を図り、前途ある企业の発展を促すことを目的としています。今回の整理によって、将来の新兴産业や高能率企业がより大きな発展の余地を享受できるようになるでしょう。中国市场への投资を検讨している外资企业にとっても、将来的に高い技术力を有し、高付加価値の、クリーンな环境配虑型の企业を支援するという中国政府の方针は、注目する価値があるものと思われます。

作成日:2018年12月28日