最新法律动向

独禁法执行権の委譲、処分决定が企业のビッグデータに记録されるように

【概要】
国家市场监督管理総局が最近公布した『独占禁止法执行の権限委譲に関する通知』により、独禁法にかかる业务を执行する権限が地方に委譲されることとなった。外国投资者にとり、各地方の独禁法执行の动きはこれまで以上に注目されるものになる。

190107  独禁法执行権の委譲、処分决定が企业のビッグデータに记録されるように

1.国务院机构改革の影响を受け、独禁法行政の三権分立时代が终わり、国家市场监督管理総局が统括的に法执行を行うようになりました。今回、『独占禁止法执行の権限委譲に関する通知』(以下『通知』という)では省级の市场监督管理机関に独禁法の执行権限が委譲されたと同时に、独禁法案件の管辖権限について详细规定が设けられ、一部の法执行権限が地方に委譲されました。外资系企业が中国で経営活动を行うにあたっては、各地方による独禁法执行の动きに留意することが必要となります。

2.『通知』では、法执行の强度や基准を统一するとともに、案件に関する情报公开を强化し、法执行の透明性を高めるという点が强调され、独禁法案件の処理结果を全国企业信用情报ビッグデータプラットフォームに収めるとしており、独禁法案件の処分の决定は5日以内に国家企业信用情报公示システムを通じて社会に公开されることになります。外国投资者は法令?规则に适合して竞争を行う意识を高め、信用评価への影响を回避することが必要となります。

3.『通知』では独禁法执行を厳格化し、市场における支配的地位の滥用や竞争优位性のある企业に対する监督管理制限を强化するとしており、独占禁止対象の市场资源のさらなる活性化を図り、外国投资者にとってより公平な竞争と投资を行いやすい环境作りが目指されています。

作成日:2019年01月07日