最新法律动向

『外商投资奨励産业目録(意见聴取稿)』発表

●『外商投资奨励産业目録(意见聴取稿)』発表、外商投资に対する奨励の范囲をさらに拡大。

<今回の改订の方向性>
外资利用の新情势、新たなニーズに适応し、外商投资奨励の范囲を拡大し、外商投资産业や地域构造を最适化して、外商投资の安定的成长を促进する。

<2つの主要部分>
(1)全国外商投资奨励産业目録
现行『外商投资産业指导目録』の奨励类の内容を改订し、各省(自治区、直辖市)の外商投资项目に适用。『外商投资参入特别管理措置(ネガティブリスト)』の公布後、『外商投资産业指导目録』中の制限类、禁止类はすでに廃止されている。

この部分では、外商投资による现代型农业、先进型制造业、ハイテク産业、现代型サービス业等の分野へのより多くの投资と、外资が従来型産业のモデルチェンジ?グレードアップ、新兴産业の発展において役割を十分発挥し、経済の质の高い発展を促进することが积极的に奨励されている。

(2)中西部地域外商投资优势産业目録
现行『中西部地域外商投资优势産业目録』を改订し、中西部地域、东北地域及び海南省における外商投资に适用。外商企业が中西部地域、东北地域、海南省での投资を行う际は、全国外商投资奨励産业目録と中西部地域外商投资优势産业目録の関连政策の适用を受けることとなる。

この部分は、地方特有の资源等の优势を活かすことに重点を置き、中西部地域、东北地域の国外、东部地域からの外资産业移転を受けることを积极的に支持するものとなっている。周辺地域の开発开放を促进し、「一帯一路」沿线国家との投资提携を强化し、対外志向の産业クラスターを発展させ、开放型の経済発展を推し进めていくねらいがある。

<留意点>
今回『外商投资産业目録(意见聴取稿)』の発表と『外商投资法』草案に対する第2回审议に伴い、中国政府関系机関でも外商投资参入ネガティブリスト外の分野について外资専用に设置された参入制限の全面的な见直しを行い、国内资本企业と外资系企业に対する市场参入基准の一致を确保しようとしています。
外资系企业の中国における産业投资に今後、より多くのチャンスがもたらされるようになり、関连する立法の动きは外国投资者や外商投资企业にとり引き続き注目すべきものとなるでしょう。

作成日:2019年02月19日