法律相谈Q&A

サプライヤーの契约履行过程におけるリスク防止

Q:日系企业の当社は、取引先に商品を纳品するサプライヤー企业ですが、当社が契约を履行する过程において、どのような点に注意する必要があるでしょうか。

A:一部の企业では、契约の缔结のみを重んじてその履行を軽视し、缔结さえしてしまえば後の问题はないものと思い込んでいることがあります。缔结された契约の约定が网罗的で详细にわたっていたとしても、そのことはリスクがないことを意味しないという点への认识がないということもあります。契约の履行过程における管理をおろそかにすると、履行上のリスクも増加することになります。売买契约の供给サイドとして、契约履行时に留意すべき点は数多くありますが、そのうち一部のみを以下で分析いたします。

1.契约书、検収票、据付?试运転に関する文书、证明书等の関连书类の保管。
実务において、一部の企业で、契约に関するやり取りの中での重要文书の保管を重视せず、纷争となった场合に、证拠书类が不足、欠如していることにより企业が権利を主张することができず、损失を被ったというケースもあります。これについて、企业では以下の面で契约书等の重要书类の保管?管理を强化することができます。

①会社が决めた管理担当者が関连书类を统一保管し、业务担当者には自分で保管させない。
②各种の书类を分类して通し番号を振り、电子データのアーカイブを设ける。
③业务担当者が速やかに书类を提出しない场合、管理担当者により催促し、确认する。
④閲覧记録をつけるようにし、书面の资料の閲覧、使用について台帐に记録を取る。

2.契约に约定された各期限に注意する。
①约定通り契约を履行することを保证し、自身の违约行为により相手方から権利の主张を受けることを防止するか、サプライヤーからの要求に対抗することができるようにしておく。
②企业が契约に约定された期限を过ぎたために、一部の権利を行使する権利が失われることを避ける。

3.品物の検収管理を强化する。
検収票にはできれば検収者の社印を捺印してもらい、その従业员による确认の署名を受けることが望ましいですが、捺印が不可能であれば、検収する者が契约において约定された検収者であるかどうか、或いは企业の委任状を持っているかどうかに注意し、双方间で纷争が発生した场合、受取侧が纳品物を受け取ったことを认めず支払いが拒否されることのないようにする必要があります。

4.财务管理面
毎年、又は定期的に受取侧と帐簿の照合を行い、相手方に照合确认书、未払金确认书等の発行を求めます。
このようにすることのメリットとして、次の点が挙げられます。

a.双方の记帐の不一致を确认し、问题の速やかな発见がでできる。
b.财务担当者が离职しても、帐簿の状况が不明とならない。
c.特に、双方で纷争が発生した时の诉讼时効が到来した事态を有効に回避することができる。

5.相手先企业の资産?信用状况には常に注意を払う。
长期取引で、未払金が高额となっている客先の资産?信用状况が一旦悪化すると、企业にとっては相当の経済的损失となることがしばしばあります。このため、契约の履行段阶においては、サプライヤー企业でも取引先の资産?信用状况を随时调べ、把握しておくようにし、必要に応じて取引先を定期访问することで、双方の提携をより深めつつ、取引先の経営状况、约定履行能力等を窥い知ることができます。

以上の通り、供给サイドが契约の履行过程において遭遇しやすい问题をいくつか挙げましたが、契约の履行过程での有効なフォローと管理をおろそかにしたためにリスクを招くということは、多くの企业で実际に起きています。企业では各契约の履行状况をフォローする専任者を置くことで、契约の履行过程において问题が起きたとき、ただちに报告させて有効な措置を取り、自社の损失を抑えることができるよう、自社の约定履行を确実なものにし、取引先の约定履行にも注意を払うようにするとよいでしょう。

作成日:2019年03月18日