最新法律动向

『外商投资法』が可决され、2020年1月1日から正式施行へ

3月15日午前、第13期全国人民代表大会第2回会议で『中华人民共和国外商投资法』が可决され、2020年1月1日から施行されることになりました。

●主な内容
1.「外商投资」の含意について定义した。外商投资とは、外国の自然人、企业又はその他の组织が直接又は间接的に中国国内において行う投资活动を指す。

2.外商投资に対し「参入前内国民待遇+ネガティブリスト」の管理制度を実行し、参入後は市场竞争に公平に参与できることを原则とする。外商投资企业が法により公平な竞争を通じて政府调达活动に参与すること、外国投资者の投资に対して技术移転を强制してはならないこと等、外国投资者に高く注目される问题について、基本法の形で明确な规定を与えた。

3.本法の施行开始日をもって「外资三法」は同时に廃止する。外商投资企业の组织形态や机构等には『会社法』等の法律规定を适用する。外商投资企业に5年间の过渡期间を与え、この期间中においては企业の组织形态等を元のまま维持できるとした。

●留意点
1.本法は、「外资三法」に取って代わる外商投资の基本法となります。この法律により、投资促进や保护の面で関连制度が确立されたことは、外国投资者にとって1つの安心材料となります。一方、本法には原则的な规定や指导の方向性を示した规定が多く、国务院等の政府机関の具体的な実施规则等の制定による具现化が待たれるという侧面もあります。外国投资者は引き続き関连の动きに十分注目することをお勧めします。

2.「外资三法」に基づいて设立された外商投资企业の组织机构や形态等は、『会社法』等の関连规定に照らして调整されることとなります。今のところ、本法の施行後に组织机构に受ける影响が大きくなるのは中外合弁企业、中外合作企业と予想されます。5年间の过渡期间が与えられてはいるものの、组织构造の调整はコーポレート?ガバナンスや株主権の分配、调整にも関わり、合弁契约及び定款等を修正する必要もあることから、関连する企业においては早めの准备着手が必要となります。

作成日:2019年03月19日