重点法规解説

新人民调停法の内容の解釈について

2010年8月28日、第11回全国人民代表大会常务委员会第16回会议において『中华人民共和国人民调停法』(以下『人民调停法』という。)が审议を経て可决された。2011年1月1日より実施される。
所谓人民调停とは、法律に基づいて人民调停委员会を设立し、説得及び、缓和などの方法を用いて、纷争当事者が平等协议の下、自発的に协议の调停合意に达することを促し、民间纷争を解决する大衆的な自治活动の一种であり、中国の特色を持ち、矛盾を解决し、纷争を除去の非诉讼による纷争解决方法の一つである。
今回の人民调停法の公布において、特に以下の内容が注目に値する。
1.当事者の権利について
人民调停法では、以下の通り规定されている。
①当事者は、人民调停员の选択又は受け入れる権利を有する。
②当事者は、调停の受け入れ又は拒否を选択する権利を有し、なお且つ调停を中止する権利も有する。
③当事者は、调停を公开で行うか否かを求める権利を有する。
これらの规定を完备することにより、当事者の権利を尊重するため、调停を理由として、当事者が法による仲裁、行政、司法等のルートを通じて自ら権利を维持?保护することを阻止してはいけないという、民间纷争を调停する际の人民调停の原则を十分に示すことが出来る。
同时に、人民调停法は、民间纷争の调停に関し、如何なる费用も徴収してはならず、调停员は一方の当事者のみの肩を持ったり、当事者を侮辱したりしてはならないと明确に规定している。また、他人から财物を取り立てたり、受け取ったり、その他の不当な利益を得てはならず、当事者の个人情报や商业上の秘密等を漏らしてはいけないとも明确に规定している。
2.人民调停协议の効力について
人民调停法では、人民调停委员会を通じて调停协议に合意した场合、法的拘束力を持つため、当事者は约定に従って履行しなければならないと规定している。これと同时に、人民调停法は、立法を通じ、人民调停协议の司法确认制度を确立した初めての法律である。即ち、人民调停委员会の调停により调停协议に合意した後、双方の当事者は必要と认める场合、协议が発効した日より30日以内に、双方共同で人民法院へ司法确认の申请をすることができ、人民法院が调停协议の有効性を确认した场合、一方の当事者が履行を拒否したり、一部しか履行しない场合、相手の当事者は、人民法院に强制执行の申し立てをすることができる。
3.人民调停と司法调停及び行政调停の関系について
现在、人民调停以外に司法调停、行政调停がある。実务上では、人民调停を优先する原则を贯き、社会的矛盾解决の基础的作用を十分に発挥させ、人民调停とその他の纷争解决方法の间の接続関系を上手に调整するため、法律の规定により、下部裁判所及び公安机関が人民调停の方法により纷争を解决することが适当と思われる案件に対しては、受理前に当事者に、人民调停委员会へ申し立て、调停を行うと告知することができる。

作成日:2010年09月09日